【WordPress】W3 Total Cache(W3TC)でフッターに記述されるコメントを削除する方法

WordPressのプラグインである「W3 Total Cache」は、ページ表示速度改善するために必要不可欠なプラグインですが、ちょっと厄介なことをしてくれます。

それは、フッターにW3 Total CacheのHTMLコメントを強制的に記述してしまい、気になる人には気になってしまいます。

そこで、W3 Total CacheのHTMLコメントを削除する方法を紹介します。

W3 Total Cacheの表示されるコメント

WordPressのプラグイン、「W3 Total Cache」をインストールして有効化すると、HTMLソースの最後に下記のようなHTMLコメントが強制的に記述されます。

<!–
Performance optimized by W3 Total Cache. Learn more: https://www.w3-edge.com/products/

Served from: worpreya.com @ 2018-04-14 12:58:18 by W3 Total Cache
–>

W3 Total Cacheのキャッシュの種類や時間など記述してくれているのですが、個人的には邪魔でしょうがないです。

W3 Total Cacheのコメントを非表示・削除する

W3 Total Cacheを有効にすると記述されてしまうコメント部分は、WordPressの管理画面から操作することができません。

直接W3 Total Cacheのソースコードを修正するか、使用中のテーマのfunctions.phpにプログラムを記述して強制削除するしかありません。

前者の場合、W3 Total Cacheがアップデートされた場合上書きされた場合、再度修正する必要がでるため、プログラム修正する場合は使用中のテーマのfunctions.phpにプログラムを記述して強制削除する方法をおすすめします。

使用中のテーマのfunctions.phpファイルに下記を追記することで、W3 Total CacheのHTMLコメント削除することができます。

■functions.phpファイルに追記

add_filter( 'w3tc_can_print_comment', function( $setting ) { return false; }, 10, 1 );

追記が完了したら、キャッシュファイルを削除しないと反映されませんので、キャッシュファイルを削除してください。

ちなみにW3 Total CacheプラグインをOFFにしてもエラーにはなりませんが、W3 Total Cacheを使用しない場合は不要な記述となりますので、削除するのを忘れずに!

スポンサーリンク

最後に

W3 Total CacheのHTMLコメントがなにか悪さしているわけではないですが、個人的に不要なソースコードは削除したいタイプです。

そんな方は、ぜひ先ほど紹介した1行を使用中のテーマファイルのfunctions.phpファイルに追記してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です