【WordPress】現在のURLを取得する方法と独自のGETパラメータを付与したURLを取得する方法

WordPressで現在のURLを取得する方法を解説します。

現在開いているURLを取得する

URLを取得する方法は、Wordpressの関数が準備されていますのでそちらを使います。

パーマリンクの設定どおりURLを出力してくれて便利な関数ですが、独自にGetパラメータをくっつけている場合などは、get_the_permalink()で取得すると取得できないと場合があります。

そんな時は下記で現在のURLを取得することができます。

見ての通り、ちょっと長くなってしまいます。ですので何度も使用する場合は関数化しましょう。

独自関数を作って呼び出す(http・https対応)

独自のGetパラメータなどを使用しない場合は、こちらの関数をつくる必要はありませんが、独自のGetパラメータを付けているWordpressの場合は独自関数を作って呼び出して使うと便利です。

現在のURLを取得する関数

テーマのfunctions.phpに下記関数を記述してください。

この関数を呼び出してURLを取得したい場合は、下記のように書きます。

パーマリンクを拡張した関数

記事IDを渡してパーマリンクを生成と独自のGetパラメータも一緒に取得したい場合は、下記を使用してください。

テーマのfunctions.phpに下記関数を記述してください。

上記のプログラムは、パーマリンクのURLを取得して、独自のGetパラメータがない場合は、強制的に付与させています。

この関数を呼び出してURLを取得したい場合は、下記のように書きます。

スポンサーリンク

まとめ

WordPressで現在のURLを取得する方法を解説しました。

通常のURLを取得したければ「get_the_permalink()」で取得できますが、独自のGetパラメータも取得した場合はオリジナル関数を使うと取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です